ソーシャルレンディングが最近新しい資金調達方法として注目されています。多くの少額投資家から効率的に投資を集め、必要な事業に貸し付けるといった仕組みを提供することで従来の投資家主導であった投資の方法を変革し、事業を行いたい人が目的に合った資金を調達しやすいようにする仕組みとして注目されています。従来投資家は事業を評価する際にはその収益性のほか投資リスクを非常に重視するため、社会的意義の高い事業であっても収益性が見込まれなければ投資がおこなわれることが少ない物でした。もちろん投資に於いては効率的に行う事が重要で、事業に於ける収益性や投資回収の可能性を十分に検討して投資を行うことが必要という点では従来型の投資と大きな違いはありません。しかし、社会的意義の高い事業について投資がし易いというメリットがあります。

資金調達を効率良く行うためには事業性を正確にアピールしよう

ソーシャルレンディングにおいて効率的に資金を調達するためには、従来の投資を募る方法とは異なる注意が必要です。従来投資家や金融機関に投資を申し込む際には収益性をしっかりと担保することが必要でした。その為、多くの事業主は収益性を示すための資料を大量に作成するほか、さまざまな手法を用いて事業について綿密な計画がなされていることを示すことが重要となっていました。しかし、ソーシャルレンディングに於いては収益性も重要ですが一般の投資家にも受け入れられる様な社会的意義、若しくはリスクを越えた事業の重要性なども重要な要素となるため、この点についてもしっかりと考慮する必要が生じます。すなわち、これまでの事業計画とは異なる視点での事業分析を行うことが非常に重要となるのです。

金利の違いを十分に認識して利用しよう

ソーシャルレンディングは一般的に金利が低いことが金融機関などから融資を受ける場合に比べて有利な点です。金融機関の資金とはその性格が異なる為、融資を受けやすい点が大きなメリットです。しかし、金利が低いために多くのお金を借りてしまうと結果的に借金の額が大きくなってしまい返済に苦しむことになります。資金調達を行う際には金利の違いの他に融資期間や返済方法、事業が失敗したときのリスクなども十分に考慮する必要があります。事業を行う際に注意しなければならない点は資金をどの様に調達するのかも大きなポイントですが、それ以上に返済をどの様に行わなければならないのかといった点です。投資を行う側の性質なども十分に考慮した上で金利についても十分な配慮をして資金の調達方法を選ぶことが効率的に資金を調達する上で非常に重要な要素となるのです。