ソーシャルレンディングは日本では2008年から始まった新しい資金調達の方法で、市場規模は拡大傾向を続けています。事業資金を調達するには、従来は銀行から融資を受けるのが普通でした。この方法は審査が厳しく時間がかかり、実績がないうちは融資額も低い上に、景気が悪化すると貸し渋りや貸し剥がしなどのリスクも伴います。ソーシャルレンディングは借り手と貸し手をインターネット上で直接結びつけるサービスです。貸付の原資を金融機関に頼らず、投資家から直接集めることで、金利負担を軽減できるというメリットがあります。また融資側に人件費や店舗費用がかからない点も、コストの削減に役立っています。結果として、借り手にとっても貸し手にとっても有利な条件で運用できる可能性があります。

審査に通過することが第一のハードル

ソーシャルレンディングにはマーケット型・オークション型・貸付型などのタイプがありますが、日本で多いのは貸付型です。いずれの方法で資金調達するとしても、審査を受ける必要がある点は銀行融資と変わりません。審査に通るには事業の収益性や将来性について、しっかりした計画を立てておかねばなりません。また証券や不動産の担保が必要な場合もあります。マーケット型やオークション型では、金利が市場からの人気で決まるため、なおさら事業の魅力をアピールする必要があります。貸付型は運営機関が審査結果によって金利を決定するので、貸し手が決めるのは融資額だけです。投資家にとっては比較的安全な方法と言えますが、人気がなく出資金が集まらなければ、ファンドが成立しない場合もあります。

新しいビジネスを社会へ宣伝する

一般人から幅広く出資金を募ることは難しいと感じるかもしれませんが、広告宣伝費をかけずに新しいビジネスを社会へ広めるチャンスと考えることもできます。観光産業や環境関連事業など、市場からの理解を得やすいビジネスであれば、出資者の賛同を得やすいでしょう。もちろん夢を語るだけではダメで、どうやって収益を上げるのか、具体的に考えておくことが大切です。従来は銀行から融資を受けられなければ、高金利の貸金業者等を利用するしかありませんでした。ソーシャルレンディングの導入によって資金調達の幅が広がり、比較的柔軟な運用が可能になります。しっかりした運営会社を介してサービスを利用すれば、資金の有効活用と成長分野のさらなる活性化を通して、社会貢献にも繋がるでしょう。