セラピストに転職したい!オススメサイト6サイト

HOME > セラピストの転職情報 > 転職してセラピストとして働くなら

転職してセラピストとして働くなら

 リラクゼーション業界に転職して、セラピストとして働きたいと思っている人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
たとえ未経験者であっても、それぞれのリラクゼーションサロンが行っている研修を受けたのであれば、セラピストとして仕事をすることができます。
セラピストとしての研修などは、それぞれのサロンによって違いますが、どのような内容かということやおよその期間などをあらかじめしっかりと知っておくと良いでしょう。
研修期間は最短でもおよそ3週間はかかるケースがほとんどだと言えます。
研修が無料であれば、何か月も研修を行って育成をする余裕はなかなか無いでしょう。
ある程度研修で勉強をしたのであれば、あとは実際にお店で仕事をしながら自分で勉強をしていくようになるでしょう。

 研修内容としては、基本的にお店でお客さんにすぐに施術をすることができるように、約20分から40分の基本的なボディコースの手順を教えられることがほとんどです。
初心者であれば、たとえ40分であっても最初は長いと感じることでしょう。
足つぼマッサージがメニューの中に含まれているサロンであれば、足つぼマッサージの施術の仕方なども覚えるようになります。
どのサロンであっても、必要最低限の施術の仕方は研修の中で教えてもらうことができるでしょう。
施術の流れに加えて、骨や筋肉の名称や接客の仕方などもしっかりと教えてくれるサロンもあります。
研修中にはいろいろと大変だと感じることもあるかもしれませんが、それを乗り越えてこそセラピストとして本格的に仕事をスタートすることができます。

 研修中にしっかりと勉強をしていても、やはり仕事をしながらさまざまなお客さんと関わっていく中で、分からないことなどがたくさん出てくることでしょう。
そのようなときには、自分自身で調べたり、先輩のセラピストに聞いたりして勉強をする必要があります。
むしろ、セラピストとして仕事をスタートしてからのほうが、勉強をしなくてはならないことがたくさんあるでしょう。
仕事をしながら勉強をするということは非常に忙しいかもしれませんが、セラピストとして仕事をするのであれば、プロ意識を持っておくことが何よりも大切です。
プロのセラピストとしてお客さんひとりひとりを大切にし、しっかりと心のこもった施術を行ってあげるには、やはり技術だけでなく人間の身体に関する知識などもしっかりとつけておかなくてはなりません。

次の記事へ